ふぐの西京焼き



$ふぐ料理研究家 山田正幸による、飲食店の為のふぐ料理養成講座

 

ふぐの西京焼きのレシピです。


ふぐは、淡白なのでただ塩焼きで食べるのは少し物足りません・・・

醤油ベースのたれに漬け込んだり、ポン酢焼きで召し上がることが多いですよね。

今回は、西京味噌に漬け込んで焼き上げました!!

私が、今まで沢山の魚を味噌漬けにして試しましたが、今回のこの『ふぐの西京焼き』絶品とのお声をいただきました。

ふぐと言う素材に更なる楽しみを覚えてしまった・・・・

今日この頃です。

こちらがレシピです。

材料 (4人分)
A<ふぐ>
ふぐ400グラム、(身、骨なし) (トラフグ・マフグ・ゴマフグ・ショウサイフグがお勧め)
1枚約100グラム
B<塩>
少々
C<味噌床>
白味噌
200グラム
砂糖
200グラム
みりん
少々
酒もしくは水
少々

作り方

  1. フグの身をのように薄く開きます。
  2. (1)の、フグの身に塩を全体にふり、1時間ぐらい冷蔵庫におき、水気をキッチンペーパー等でよく拭き取る。
  3. C,の味噌床を作ります。よく混ぜ合わせ、密閉容器に半量を平らに入れる。
  4. そこに先ほどAのフグを並べ、残りの味噌床を空気を抜くように入れる。冷蔵庫に入れ2日を目安に漬け込む。
  5. (ガーゼ等を魚と味噌床に挟むと家庭ではお手入れが楽です。)
  6. フグを味噌床から取り出しきれいに洗い落とす。西京焼きはとても焦げやすいのでじっくりとその場を離れず焼き上げましょう。
  7. 片面が乾いたぐらいがちょうど良いです。
    又表面も焼きます。
  8. すぐに焼けますから焦がさないように注意いたしましょう。ご家庭では、オーブントースターやフライパンを用いても良いでしょう。
  • コツ・ポイント

    『あとがき』
    ※西京味噌は、味噌によって分量がとても異なります。
    今回使用したのはご家庭でも良く手に入りやすいスーパーなどで手に入れやすいものを使用しました。

 

こちらには商品をお求め頂きました、沢山のお客様のお声がございます。

  
是非ご覧くださいませ。